Image Photo

Concept

JR西日本プロパティーズが
考える
ひとり住まいの
新しいかたち。

世の中の価値観が多様化する中、JR西日本プロパティーズは、
「ひとり住まいの新しいあり方」を真摯に追求したいと考えました。
大切にしたのは、都市を生きる方々の毎日を満ち足りた時間で彩ること。
そして、将来にわたり資産性が期待できる住まいを届けること。
出会ったのは、行政の中枢ともスムーズにつながる武蔵野市中町アドレスにして、
便利な吉祥寺を生活圏とする「三鷹」駅徒歩4分のポジション。
良好な地盤で知られる武蔵野台地に位置するその場所は、
時を超えて受け継がれてきた自然にも近い、穏やかな暮らしの舞台です。
2009年以降、「武蔵野アドレス」「三鷹最寄り駅」「駅徒歩4分以内」の
物件の供給は、わずか1物件という希少性。
リセールバリューにも期待の持てる条件が揃っています。
それは、誰よりも豊かな「わたし」を叶えるための都市型コンパクトレジデンス。
未来のために選んでほしい住まいが、ここにあります。

井の頭恩賜公園(約1,040m 徒歩13分)

  • 三鷹駅周辺(約350m 徒歩5分)

  • 井の頭恩賜公園(約1,040m 徒歩13分)

Fact 01.

わずか1物件で約2.5%

2009年以降、販売された新築分譲マンションにおいて、
「武蔵野アドレス」+「三鷹最寄り駅」+「駅徒歩4分以内」の物件の供給は、
わずか1物件で約2.5%です。
この希少性が、将来的な資産価値につながるといえます。

※掲載のグラフは2009年1月から2019年8月15日までの武蔵野市アドレス発売物件のJR三鷹駅最寄徒歩4分以内の分譲マンションデータより参照。(MRC調べ2019年9月11日現在)

Fact 02.

駅徒歩4分のリセールバリュー

東京都内、築年数10年の中古マンションのリセールバリューにおいて、
最寄駅からの徒歩分数5分以内の物件は102%となっています。

※掲載のグラフは2009年に新規分譲され、直近に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。(東京カンテイ調べ2019年9月現在)

※掲載の写真は2019年4・7月に撮影したものです。※徒歩分数は80mを1分として算出しています。